So-net無料ブログ作成

韓国 日韓首脳会談の前提に、河野談話継続、次官級協議、靖国参拝中止を提示、嫌韓感情が一層高まりそうだ [韓国関連なニュース]

韓国政府は、日韓首脳会談の前提に、慰安婦問題をめぐる河野談話などの継続、同問題を扱う次官級協議、そして、安倍晋三 首相による靖国神社参拝の中断などの3条件を提示しているという。

河野談話について、見直しを考えないと表明しただけでも、大きく譲歩したように見えるが、韓国政府は、今回の行動をみても分かるように、次から次へと注文を付け、関係改善に動くつもりが、毛頭ないことが分かる。

もともと、韓国の大統領が、日本の天皇を侮辱する発言を公然としておきながら、大きな反響があると、そのような発言はしていないと否定するなど、とても、信用できるような国ではないのは確かじゃないだろうか。

学者や評論家の中には、隣国との関係改善がなければ、国際社会では通用しないと論じる人もいるが、これは、そうだろうかと思うところがある。隣国である以上、直接的な利害関係があるのだから、仲が悪いのは当然の話。世界で、隣国同士で何のわだかまりもなく仲がいい国などあるだろうかと問われれば、数えるほどしかないのが実状じゃないだろうか。

しかも、韓国のように、日本の領土である竹島を不法占拠し続け、慰安婦問題でも明確な証拠も示されないまま、国内外で反日活動を展開しており、韓国大統領の天皇を侮辱する発言もあり、タチの悪い隣人としては、類を見ない、厄介な国。

日本では、韓国人に対する偏見は、年齢が上の世代ではあったのだが、若い世代では、それほど大きくは無かったのだが、ここ数年の韓国による反日活動で、上の世代が抱いていた偏見よりも、若い世代の韓国に対する反感の方が強いように感じることがある。

それは、昔の伝え聞いた話ではなく、現在の話だからじゃないだろうか。韓国側は、過去の歴史を引き合いに出し、批判しているが、日本側からすれば、竹島の不法占拠、天皇への侮辱は、現在の話で、ストレートに感じている。これが、韓国を嫌う大きな理由でもあり、現在の出来事だけに、疑いの余地もない。

ここにきて、朝鮮半島で有事の際には、日本が協力できるだろかという話もあり、韓国に対する反感が強まれば強まるほど、日本政府としても、世論を無視することはできないため、動き難くなるはず。

朝鮮半島の有事というのは、北朝鮮とのということだが、それ以前に、新たな大統領になり、経済政策が上手く行かないようで、このままだと、再び破綻する可能性もあるのだが。これについても、韓国への反感が強い中では、援助もし難くなる。

これまで、日本から多額の援助して経緯があるのだが、それでも、これだけの反日活動を世界的に展開している時点で、そのかいがないことも明らかで、逆に、日本としては、余計な負担が減るということもあるかもしれない。

韓国は、性的なもので特異性があると思うのだが、それは、人権を重く考えていないということも言えるのかもしれない。韓国の歴史をみても、奴隷制度が長く続き、性的な暴行もあり、酷いもの。これは、従軍慰安婦よりも前の話であり、現在でも、性風俗が異常に盛んなことも、考慮するべきじゃないだろうか。

昨年だろうか、ニュースで大きく取り上げられたのだが、オーストラリアで、韓国からの女性旅行者が現地の風俗店で働き、出稼ぎするようなカタチで帰国するということが頻繁に行われ、問題になった。

これは、旅行者として入国しながら、働いているのだから、明らかな違法行為で、逮捕されるような話。しかも、働いている先が、海外でありながら、韓国人向けの風俗店というのが、おかしな話でもある。

韓国の主要な都市には、風俗店がかなりあり、経済規模としては、1兆円を超え、日本とは比較にならない大規模なもの。以前、これに対して、取り締まりを強化したこともあるのだが、それが、海外で風俗店を展開する後押しになったという話もある。

このような状況を踏まえると、河野談話は、元慰安婦からのヒアリング、慰安所がある点などで、日本側に大きな非があるとしているのだが、それだけで、本当にそういい切れるのだろうか。軍の要請を受けた業者がいるという話は広く知られているところで、軍が強制的に行ったのであれば、業者が介在する余地はあるのだろうかという疑問も残る。

どちらかというと、河野談話は、日本人の美徳としての潔さを出したような印象もあるが、これにより、日本に大きな損害を与えかねない火種を作り、揉め事を生み出すキッカケになったことも否めないため、軽率だったとも言えるのではないだろうか。

よくニュースで、韓国が取り上げられるのだが、その内容が、ガソリンスタンドで水増し請求が広く行われ、取締りが行われたり、原発に使われる部品で、海外で耐久テストを依頼しながら、数字を改ざんし、大きな問題になるなど、妙に、改ざんするケースが目立つ。

これが、特定の企業がという話でも、そうそうあるものでもないのだが、広く行われているところに、韓国の国民性が伺えるところがあり、情報としての信頼も、どこまで信用できるのだろうか。

いずれにしても、日本の領土である竹島を占拠している時点で、韓国は敵か味方かと言えば、味方とは言えないのは確かなところ。それに対して、一方的に、日本政府が折れるというカタチになると、日本人としては、政権を支持できないのが、正直なところじゃないだろうか。国益を損ねることになるのだから。

ただ、現在の安陪政権は、中国や韓国に擦り寄るように見えた 民主党政権とは明らかに違うため、そうはならないはず。河野談話を見直さないことで、日本側は折れたのだが、韓国側が、それに応じずということで、これ以上は、譲らないとは思うのだが。


nice!(260) 

nice! 260

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ  




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。